スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米陸軍兵器基地閉鎖の原因は「アトランティス異常」

what dose it mean の記事
ゴーグル先生による翻訳です

“Atlantis Anomaly” Causes Shutdown Of US Army Weapons Base
http://www.whatdoesitmean.com/index1441.htm

2011年1月27日

米陸軍兵器基地閉鎖の原因は「アトランティス異常」
by Sorcha Faal

今日クレムリンを循環するロシアのSpace Forces(VKS)レポートには、現在、北アメリカの上の軌道の彼らのコスモス-2469の衛星の1つが、「空前の割合」のガンマ線炸裂がベースDugway Proving Groundがそれらのユタ州で場所を見つけた合衆国陸軍のメイン兵器から発するのを検出したと書かれています。

この報告によると; 以来、「磁気渦」として記述されていることに関する構成は、増加している数のガンマ線が私たちの地球とその海の下で発散を押し破くアデン湾に現れ始めました;
(2010年12月1日 レポートMysterious‘渦'Warned Is Creating Global Weather
Catastrophe)  
そして、シリウス星系(Siriusは夜空で最も明るい星)に向けられて、検出されて、彼らがタイプの古代の「早期警戒方式」に属すという多くのロシア人の科学者の信念をもたらしました;

これらのガンマ線炸裂で最も大きいものの1つは長い間かつての古典的なギリシア人の哲学者と数学者のプラトン(428-347 紀元前)によってソロンの時間、または紀元前約9600年9,000年前に西欧とアフリカの多くの地域を征服した、「ヘラクレスのPillars」にある海軍国であると説明されたアトランティスのLostヨーロッパ大陸の一部であったと信じられている領域のフロリダ沖で海から来るのが検出されました。

海の下の500メーターとこの前の週に合衆国海軍が彼らの今までで最も大きい操作の1つをどれに始めたか以外のしかしながら、これらのガンマ線炸裂が検出されて、フロリダ沖でそれらを発生させる異常がそれ以上見積もられなかった比較的浅い水域にあった私たちの地球の周りの位置と異なって、回復してください。

現在、このレポートによると、米国連邦航空局(FAA)はこの「回復」操作が進行中であった間、「頼り無いか入手できない」(GPS)に全地球測位システムを放置して、数1月20日とそれらの2月22日の国防総省(DOD)の間に「テストを行っている」、この領域を通過するとあと3番目の写真を写像するのが見られるすべてのパイロットに空前の警告を発行しました。

彼らのレポートのVKSは、追加検査のために「ピラミッドは構造を形成したこと」から「頂石」がこれらの神秘的なガンマ線炸裂の源の1つであると信じていたフロリダ州沿岸から発見された取り外して、約149km(85マイル)南西ソルトレイクシティー(ユタ)について見つけられた米国陸軍のDugway Proving Groundにそれを移すために事実上、このDOD操作があったと述べます。

いったんしかしながら、昨日、Dugway Proving Groundでこの神秘的な「頂石」を安全にして、それのテストがおそらく始まると、コスモス-2469は、指揮官、ベース大佐ウィリアムE.キングが彼の全体の施設の下側にロックしたその位置から発して、合衆国からの報道が述べたガンマ線炸裂の大規模なシリーズが、彼らが「真剣な関心」を決議しようとしていたと述べるのを検出しました。

写真下部が出たこのベースに関する公式の米国政府ウェブサイトによると、私たちは以下を読むことができます。

「国防総省は主要な範囲としてDugway Proving Groundに指定されて、施設、および第一の化学的で生物学的なディフェンステストをテストするのをReliance Programの下でセンターにします。」
Proving Groundは79万8214エーカーをカバーしています。
それは約85マイル南西ソルトレイクシティー(ユタ)のグレートソールトレーク砂漠に位置しています。
「三方で山脈によって囲まれます、Proving Groundの地勢は平らなソルトフラットと点在している砂丘と岩だらけの山に異なります。」


しかしながら、独立しているアメリカ人の研究者はDugway Proving Groundに関してこれを言います:

「… 巨大サイズの、そして、リモートな孤立はそれよりずっと多くの秘密の目的に役立ちます、そして、また、USエアのForce飛行のためのサイトがテストされるとき、通常領域は役立ちます。」
また、それは過去に回復しているUFOを収容したと申し立てられました、そして、UFO活動はこの領域で非常に頻繁です。 すべてのUFO活動に結合されたそれでArea52とそれを呼びました、そして、51の秘密がこの領域に移動したとAreaのその多くに申し立てられて、それはそれに悪名高くなりました。

2009年11月に、何が夜空への「流星」(UFO?)照明であると申し立てられたか大気の中で爆発して、軌道を追跡する科学者が、断片がDugway Proving Ground領域に下がったと決心していたので、或るものが残骸領域に近づく手段を得たがっていたとき、それは、少しの宣伝を得ました。 「その宣伝の一部は、その領域がただ非公開でなく、に対して民間人それらが危険過ぎると考えられるので、広い地域へのアクセスが陸軍の人員にさえ拒絶されるということです。」

この神秘的な「アトランティス異常」、私たちが以下を一部書いた、「」 大西洋バミューダ・トライアングルStrangeness、古代のGate Opening、またはアトランティス・ライジングにおける異常?」と題をつけられた彼の1月23日のレポートから読むことができるように、またスティーブ・クエイルという「アメリカの1つ最高独自の研究を行っている人は書きました。

「1月22日金曜日に多くのユニットがプエルトリコとのコミュニケーションを確立していようとして、彼らは、へどもどとして来て戻りました、そして、議論は正常なpropogation問題のためでなかったコミュニケーションで大きな困難を引き起こしていた「異常」に関して聞かれました。」 フロリダ沖の大西洋とCarribeanにあるように思えたユニットは、きちんとしたコピーに関するメッセージを得るためにプエルトリコComm駅で働く際に頻度を複数の回変えなければなりませんでした。 これらは、通常の範囲飛行ではありませんでしたが、Comm駅にそれらのレポートを入れることを切望しているコード化されたユニットでした。 金曜日の晩のその後、「異常」はHAMオペレータによって検出されました。

初めは、それは多くの極端なパワーに関する振幅変調された信号として記述されたメガワットでした。 それは、一定であり、脈打って、VLF範囲にありませんでした。 それはSpectrum分析器の上と、そして、稲妻検出設備の上にも現れました(通常、パイロットによって使用される稲妻に関する検出とマッピングにVLFを使用します)。 問題は、嵐が全くその領域になかったということでした。 「異常」の位置は、また、フロリダ州沿岸では、実際に「GPSテスト?」のために円の中心に与えられた位置より遠くて、バミューダ・トライアングルの地域により近かったです。

明確に、それが非常に奇妙であった繰り返しているパターンを示して、HAMが今までに持っていたいずれもと異なって聞かれたと述べられました。 それは、Hamがそれまでに40年間以上の経験で聞いたことがあった「口笛を吹く人」でなくて、また稲妻でなくて、また地球物理学の信号でもありませんでした、いかなる他のも、それは言われましたが…それはNOT MAN MADE AND IT IS CAUSING MAJOR PROBLEMSです。 それは稲妻検出地図の上に現れましたが、繰り返すために、どんな嵐も存在していませんでした。

1月22日土曜日に、「異常」は、適所でremaindedして、強さでゆっくり成長しているように思えました。 また、同じ信号の別の「異常」は、オリジナルの北に何百マイルも検出されて、それぞれこれらの別々の「例外」の、より厳密な解決のときに非常に地図のお互いの近くの2つの異なったソースでした。 「土曜日に、それらの領域の現在のどんな嵐もまだありませんでした。」

私たちのレポート、
中国のMillions OfのStunned After政府MakesオバマUFO Statementと
グリーンランドSunrise Shocks World As Superstorms Pound Planetと、
Poisonous Space Clouds Slamming Into地球CauseミサBird And Fish Deathsと、
ポーランド人のShift Blamed ForのロシアのAir Disaster、
Closure Of米国空港と
Massive Earthquake Fears Rise After Mysterious ObjectムーヴスNearer To地球

の中に述べたように; 現在私たちの地球に立ち向かう恐ろしい問題の複雑さは、何が現在起こるかに関して今日私たちの古代の先祖から私たちまで通過されている警告の荘重な本質を解読して、解読して、完全、理解するには何10年間、およびいくつかの場合何世紀もかかるとき、世間一般の人が即座の知識を獲得できないくらい多量であり、将来、起こるでしょう;

あなたのリーダーが、より多くのSuperstormsが、私たちの惑星に行き続けているのに従って何が本当に起こるかに関する真実が愚かだけを超えていないとあなたに言うと信じるのに、それは危険です。
この前の週さえ、アメリカの最高測候所技師のひとり(ペンシルバニアAccueweather.ComのステートカレッジのジョーBastardi)は私たちのWorldの天気の深刻な容体が空前であっただけではなく、だれ(少なくとも権威における)もそれを引き起こしていたことを言うことができないことをやむを得ず認めました。 (彼のビデオレポート)

私たちが生きるこれらの時代に、これらのいわゆるリーダーが自分たちのためにしていることをするのは、おそらく個人的には最も良いです、彼らがそのような例を言って、含んでいることを聞くことの代わりに:
それらの国のHebei領域で5,000km以上伸ばす地下「万里の長城」として記述されていることを築き上げる中国政府。
毛布、遺体袋、および何億個もの非常食を命令する合衆国政府。
2012年までに建てられるよう5,000の追加防空壕に命令するロシア政府。
そして、何に関するノルウェーのビルは種子のすべてと私たちの全体の地球の植物のDNAが今格納されている「最後の審判の日の種子金庫」と呼ばれるか。

現在私たちの古代の先祖は何千もの神話から信じられるつもりであるかどうか、そして、私たちの惑星がそうする「エンド・オブ・デイズ」で次に「人類の残り」を救って、「すぐ破壊されることを回復する」ために「地球に押しかける」「神」を「天上に大声で叫ぶ」、何時代もにわたって私たちの地球(これは、私たちではなく、彼らが言ったことである)に起こっていることより私たちまで手渡された伝説。

これらの「神」はそうでした、そして、そして、これらの古来の神話と伝説が技術知識に結合されるとき、私たちには、今日があります、そして、その誰でも、または何でも見え始めます、そして、最後の「ひっくり返すこと」の後に私たちの惑星を出たとき、彼らは、私たちの地球をモニターする、したがって「エンド・オブ・デイズ」が再び来るだろうとき、そうするシステムをセットアップしました。





January 27, 2011

“Atlantis Anomaly” Causes Shutdown Of US Army Weapons Base

By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers


A Russian Space Forces (VKS) report circulating in the Kremlin today says that one of their Kosmos-2469 satellites currently in orbit over North America has detected a gamma ray burst of “unprecedented proportions” emanating from the United States Army’s main weapons base Dugway Proving Ground located in their State of Utah.

According to this report, since the formation of what is described as a “magnetic vortex” began appearing in the Gulf of Aden (see our December 1, 2010 report Mysterious ‘Vortex’ Warned Is Creating Global Weather Catastrophe) a growing number of gamma ray bursts emanating from beneath our Earth and its seas, and directed towards the Sirius star system [Sirius is the brightest star in the night sky], have been detected and have given rise to the belief of many Russian scientists that they belong to an ancient “early warning
system” of some type.

One of the largest of these gamma ray bursts was detected coming from the seas off the Florida coast in an area long believed to have once been a part of the Lost Continent of Atlantis described by the classical Greek philosopher and mathematician Plato (428-347BC) as being a naval power lying “in front of the Pillars of Hercules” that conquered many parts of Western Europe and Africa 9,000 years before the time of Solon, or approximately 9600 BC.

Unlike other locations around our Earth where these gamma ray bursts have been detected, however, the anomaly generating them off the Florida coast was in relatively shallow waters estimated at no more than 500 meters under the sea, and which this past week the United States Navy began one of their largest operations ever to recover.

Now according to this report, the US Federal Aviation Administration (FAA) issued an unprecedented warning to all pilots flying over this area [see map 3rd photo left] that between the dates of January
20 and February 22 their Department of Defense (DOD) would be “conducting tests” leaving the Global Positioning System (GPS) “unreliable or unavailable” while this “recovery” operation was underway.

The VKS in their report states that this DOD operation was, in fact, to remove from the “pyramid shaped structure” discovered off the coast of Florida a “capstone” believed to be one of the sources of these mysterious gamma ray bursts and remove it to the US Army’s Dugway Proving Ground located about 149 km (85 miles) southwest of Salt Lake City, Utah for further testing.

Once this mysterious “capstone” was secured at Dugway Proving Ground yesterday, however, and presumably tests on it had begun, the Kosmos-2469 detected a massive series of gamma ray bursts emanating from that location and news reports from the United States stated that the bases commander, Colonel William E. King, locked down his whole facility stating that they were trying to resolve a “serious concern.”

According to the official US
government website about this base [photo bottom left] we can read:

“The Department of Defense has designated Dugway Proving Ground as a major range and testing facility, and the primary chemical and biological defense testing center under the Reliance Program. The Proving Ground covers 798,214 acres. It is located in the Great Salt Lake Desert, approximately 85 miles southwest of Salt Lake City, Utah. Surrounded on three sides by mountain ranges, the Proving Ground's terrain varies from level salt flats to scattered sand dunes and rugged mountains.”

Independent American researchers, however, say this about Dugway Proving Ground:

“…its huge size and remote isolation serves many more secret purposes than that and its general area also serves as a site for US Air Force flight tests. It has also been alleged to have housed recovered UFOs in the past and UFO activity is very frequent in this area. It has been alleged that much of the Area 51 secrets have been relocated to this area and that combined wi
th all the UFO activity has caused it to be referred to as Area 52 and it has become infamous for that.

In November, 2009 what has been alleged to be a "meteor" (UFO?) lighting up the night sky exploded in the atmosphere and scientists tracking its trajectory determined that the pieces fell in the Dugway Proving Ground area, so it got a little publicity as some wished to get access to the debris area. Part of that publicity is that the area is not just closed to civilians, even Army personnel are denied access to large areas because they are deemed too dangerous.”

One of America’s top independent researchers named Steve Quayle, also, has written about this mysterious “Atlantis Anomaly”, and as we can read from his January 23rd report titled “The Anomaly in the Atlantic" Bermuda Triangle Strangeness, Ancient Gate Opening, or Atlantis Rising?”, and which, in part, says:

“On Friday 1/22 they came back up in a flurry with many units trying to establish communications with Puerto Rico and discussions were
heard about an "anomaly" that was causing great difficulty with communications that was not due to normal propogation problems. The units which seemed to be in the Atlantic off Florida and in the Carribean were having to change frequencies multiple times in working with Puerto Rico Comm Station in order to get decent copy of messages. These were not normal reach flights but were coded units anxious to get their reports into the Comm Station. Later Friday evening, "the anomaly" was detected by the HAM operator.

Initially, it was described as an amplitude modulated signal of extreme power of many megawatts. It was constant and not pulsed and was in the VLF range. It showed up on the Spectrum analyzer and also on lightning detection equipment which use the VLF for detection and mapping of lightning which are normally used by pilots. The problem was that there were no storms in that area. The location of "the anomaly" was also actually further off the coast of Florida than the location given for the center of
the circle for "GPS tests ?" and closer to the Bermuda Triangle area.

Specifically, it was stated that it exhibited a repeating pattern that was very strange, and unlike any the HAM had ever heard. It was not a "whistler" or lightning or any other geophysical signal that the Ham had ever heard in over 40 years of experience, though it was said .......it is NOT MAN MADE AND IT IS CAUSING MAJOR PROBLEMS. It did show up on the lightning detection maps but to repeat no storms were present.

On Saturday 1/22 "the anomaly" remainded in place and seemed to be slowly growing in strength. Also, another "anomaly" of the same signal was detected north of the original by hundreds of miles and on closer resolution each of these separate "anomalies" was two distinct sources very close to each other on the map. Saturday there was still no storm present in those areas.”

As we stated in our last report, Millions Of Chinese Stunned After Government Makes Obama UFO Statement, and in our reports Greenland Sunrise Shoc
ks World As Superstorms Pound Planet, Poisonous Space Clouds Slamming Into Earth Cause Mass Bird And Fish Deaths, Pole Shift Blamed For Russian Air Disaster, Closure Of US Airport and Massive Earthquake Fears Rise After Mysterious Object Moves Nearer To Earth, the complexity of the dire issues now confronting our Earth are too voluminous for the average person to gain immediate knowledge of as it takes decades, and in some cases centuries, to decipher, decode and fully understand the grave nature of the warnings passed down to us today from our ancient ancestors about what is happening now, and will happen in the future.

To believing that your leaders will tell you the truth about what is really happening as more Superstorms continue hitting our planet is not only beyond foolish, it is dangerous. Even this past week, one of America’s top weather experts, Joe Bastardi of the State College of Pennsylvania’s Accueweather.Com, was forced to admit that grave condition of our World’s weather was not only unpre
cedented, but no one (in authority at least) was able to say what was causing it. (Watch his video report HERE)

In these times we live in, it is, perhaps, best for one to do what these so called leaders are doing for themselves, instead of listening to what they say, and include such examples as: The Chinese government building what is described as an underground “Great Wall” that stretches for more than 5,000 km in the Hebei region of their country; The United States government ordering hundreds of millions of blankets, body bags and survival food; The Russian government ordering 5,000 additional bomb shelters to be built by 2012; and the building in Norway of what is called the “Doomsday Seed Vault” where all of the seeds and plant DNA of our entire Earth are now being stored.

Now if our ancient ancestors are to be believed from the thousands of myths and legends handed down to us through the ages, than what is happening to our Earth (and this is what they said, not us) is that in the “End of Days
” our planet would “cry out unto the heavens” to the “gods” who would then “descend upon the Earth” to save a “remnant of humanity” and “restore what will soon be destroyed”.

And when these ancient myths and legends are combined with the technical knowledge we have today, it begins to appear that whomever, or whatever, these “gods” were, and when they left our planet after the last “overturning”, they set up a system monitoring our Earth that when the “End of Days” would come again so would they.

c January 27, 2011 EU and US all rights reserved. Permission to use this report in its entirety is granted under the condition it is linked back to its original source at WhatDoesItMean.Com.

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
instagram
iPhoneでinstagram
最新記事
プロフィール

ncy

Author:ncy
ローエンドな二足歩行機械を作ってみるZ
ツイッター、インスタグラム:@ncy01b twilog

blogram投票ボタン

気象庁/速報
気圧配置図 - バイオウェザー
Solar Activity
セクター、共回転構造
太陽風プロット
current moon
CURRENT MOON

月齢カレンダー
全電子数マップ
VHF波
heliostera.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
スマッフォでモバ絵!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

およよと驚く毎日
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。