スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヤギと男と男と壁と」の本当の話

こんな映画があったんですね。
知りませんでした。
訳しはじめてから映画の存在に気づくという、、、


映画「ヤギと男と男と壁と」オフィシャルサイト


オフィシャルサイトからの引用↓
------------------------------------------------------------------------------------------------------
<解説>
アメリカ軍が超能力を使った部隊の研究にマジメに取り組んでいた、
というにわかには信じがたい事実を暴いたノンフィクション『実録・アメリカ超能力部隊』を基に、
米軍極秘部隊の驚愕の実態をジョージ・クルーニーはじめ豪華キャストで映画化した異色の実録ブラック・コメディ。
監督は俳優としてのみならず、「グッドナイト&グッドラック」では共同脚本も手掛けるなどマルチに活躍するグラント・ヘスロヴ。

<あらすじ>
2003年。
崖っぷちのローカル新聞記者ボブは、開戦間もないイラク戦争の取材を敢行すべくクウェートへ向かう。
そしてひょんなことから、かつて耳にした米陸軍極秘部隊の優秀なエスパー兵士リン・キャシディと出会い、彼の旅に同行することに。
やがて自らジェダイ戦士を名乗るリンは、ボブに超能力部隊をめぐる驚愕の顛末を語り始める。
ベトナム帰りの軍人ビルがニューエイジ思想の影響の下に創立した超能力部隊“新地球軍”では、
“ラブ&ピース”の精神で戦争を終わらせるべく、奇想天外な超能力の研究開発に取り組んでいく。
だがやがて、部隊内部での対立がエスカレート、リンとビルは相前後して隊を離れることになるのだが…。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

<総評>を読むとなんで自分がこの話に興味をもったのか納得、、
観てみようかな DVDあんの?






The Real Story of the Men Who Stare at Goats
Written by Danny Penman


「ヤギと男と男と壁と」の本当の話

by Danny Penman

ノースカロライナ州のフォートブラッグにある、ごくありふれたヤギ小屋。
30頭のヤギたちは干し草をむしゃむしゃ食み、何も無いコンクリートの壁を見つめている。
数分ごとに1頭のヤギは、喘ぐように、咀嚼をやめて、その後さりげなく何事もなかったかのように食べ続ける。

同様にこれといった特徴のない部屋で、戦闘服の若い軍曹がミラーガラス越しにヤギを凝視していた。
二人の兵士と将軍は心配そうに軍曹を見ていた。
時々、将軍は、わずかに頭を横に振り、心配そうな表情を浮かべる。

軍曹がもう一杯のコーヒーを一飲みした時、とんでもないことが起こった。
ヤギNo.17は 静かに悲しそうな声を出し、倒れて死亡した。

"My God," 将軍は言った。 "It works."

軍曹は静かにうなずいた。
ただ、精神のパワーを使用して、彼は何とかヤギを殺したところだった。

何年もの調査の後に、米国陸軍のProjectジェダイは、最終的に成功の間際にあるようでした。

プロジェクトジェダイとは‘super-soldier'の類を育成する為の極秘軍事プロジェクトだった。
すべてが計画どおりに行けば、ジェダイの戦士たちは、戦争に革命を起こすだろう。

彼らは素晴らしく強く、優れた知性、狡猾と直感を持っています。
精神的な遠隔透視を使用して敵をスパイし、テレキネシスで核爆弾を無効化し、思考するだけで簡単に殺す。
それだけでなく、彼らは不可視化し壁をすり抜けることもできるだろう。

あなたはプロジェクトジェダイをハリウッドの脚本家によって書かれたcrazyなプロットと思われるかもしれません。
まったくこんな風に、
まもなく公開!ジョージクルーニーとユアンマクレガー主演のハリウッド超大作「ヤギと男と男と壁と」。

しかし、それほどよく知られていないことは、
米国軍が‘壁をすり抜け、思考して殺す‘super-soldier'の類を創り出そうとしたということです。

さらに奇妙な、プロジェクトジェダイと他のいくつかの秘密の超常的なプロジェクトの成果は
積極的に戦闘で使用されていた、ほぼ確実に対テロ戦争とオサマビンラディンの追跡で採用されている。


***かなり長くなってしまったので、、続きは↓をクリック***

"あなたは理解しなければならない"
と、グレン・ウィートン軍曹、Projectジェダイに配置替えされた特殊部隊員は言った。
「これらの考えは気違いじみると考えられていませんでした。」
それらは、次の軍事フロンティアと見られていた。
我々は軍事目的のために超常的な力を使用することが可能かどうかを知る必要がありました。
「また、それらが私たちに対して使用されるなら、私たちは、我が身をかばう方法を知る必要がありました。」

1983年において、アルバートStubblebine IIIは少将の権限にありました。
彼はアメリカの最も著名な兵士の一人であり、彼の指揮する16000の兵士からなるUS Army Intelligence のチーフだった。
Stubblebine司令官は世界中で軍隊の信号、写真的、そして、技術的な諜報、および多数の秘密作戦を制御しました。
彼はパナマ、グレナダ、米国の侵略に尽力した。
アルバートStubblebine IIIがアメリカの軍事機構の中心にいたと言うのは、誇張ではありません。

彼はまた、壁の中を歩くことを試みた男だった。

バージニア州アーリントンにあるStubblebine将軍のオフィスへの訪問者は、彼の教えで繰り返し壁に歩いた
-ぶつかって痛い思いをするだけだったが。

彼の心の中では、固形物を通過する能力は、いつの日か情報収集の兵器の一般的なツールになることは疑いはなかった。
それにもかかわらず、彼は自身が壁を通り抜けることができないことに、いつも失望させられた。

"私はまだそれはすばらしいアイディアだと思う"
Stubblebine将軍は述べています。
「私は単に鼻をぶつけ続けました。」 失望しました。 「空中浮揚でも、同じです」。

1970年代後半にStubblebine将軍は、アメリカの次の戦争は、従来の爆弾や弾丸と同じように、心の精神力で争われることを確信するようになりました。
米国軍が何10年間も秘かに資金を供給し続けていた多数のひそかな精神のプロジェクト(奇妙な名前があるすべて)には彼の推論がありました。
スターゲイトProject、MK Ultra、およびProjectジェダイについて、軍におけるほんのわずかは聞きさえしました。
しかしながら、Stubblebine司令官は、惜しみなく熱心にそれらに続いて、それらのいくつかに資金を供給し続けていました。

軍は当初の'遠隔透視'、透視およびESPのための学術用語に焦点を合わせました。
  
彼らは、ただ彼らの心のパワーを使用することで遠隔部位を見るために兵を訓練するのが戦場で非常に役に立つかもしれないと推論しました。
そして、したがって、彼らは、そのような現象を探検するためにスターゲイトProjectを作成しました。

スターゲイトのディレクターは、カリフォルニア(アメリカの最も名門の科学アカデミーの1つ)のスタンフォード研究所で科学者に資金を供給することによって、始めました。
すぐ、スタンフォードは、1ダース霊媒が探るより以上の主人役をつとめました。
それらが倒された航空機を捜し求めるのに使用されたとき、彼らの技能は一度ジミー・カーター大統領に示されました。

リモートビューアーは何が全体野のテクニックとして知られているかに基づくあてにならなく簡単な方法を使用しました。
精神のスパイは、ホワイトノイズを聞きながら防音室と摩耗イヤホーンでテーブルにつくことによって、意識の変えられた状態を引き起こしました。
半分に切られたピンポンボールは、ビジョンをあいまいにするために彼らの目の上に置かれました。
そして、全体の部屋は柔らかい赤信号に浸されました。
‘目標'の地図座標は、1枚の紙に書かれていて、封筒に置かれて、ビューアーに手渡されるでしょう。
彼は、封筒に触れるのが許容されていますが、それを開くのを禁じられるでしょう。
あるいはまた、目標位置の絵は封筒で封をされるでしょう。
次に、リモートビューアーは軽い瞑想的い昏睡状態を滑り込ませるでしょう、そして、彼らの「心の目」は目標位置に引きつけられるでしょう。
そして、絵、気持ち、および印象は目標から彼らの心に漂流するでしょう。
(それは、何千マイルも離れたところに位置するかもしれません)。

部外者にとって、このアプローチは当て推量より良かったというわけではない絶望的にあいまいな結果だけを生むように見えるかもしれません。
しかし、遠視を調査している科学者は、彼らが驚くほど正確であることがわかりました、そして、また、軍によって、彼らが役に立つのがわかりました。
ジョーMcMoneagleはベトナム帰還兵と「リモートビューアーNo.1」でした。
彼の第一の役割は、ロシアの軍事基地の中で見て、諜報を拾集するのに遠視を使用することでした。
彼はフォートミード、メリーランド(国家安全保障局の本部)でリモートビューアーとしての20年以上を米国諜報機関で働くのに費やしました。
彼の仕事は、結局、Merit、アメリカの最も高い軍用の非戦闘メダルのLegionを彼に稼ぎました。

「私の成功率は約28パーセントでした。」と、ジョーMcMoneagleは言います。
「それは非常に良く聞こえなかったかもしれませんが、私たちが絶望的なケースに対処するのが持って入られました。」
そして、私たちの情報はいかなる他の利用可能な知性でもクロスチェックされて、全体像を確立しました。
「私たちは、かなり役に立つ‘スパイ'であると判明しました。」

単に諜報を拾集するのに霊媒を使用して、軍は満足していませんでした。
彼らは不快な目的にもそれらを使用しにさらに行きたがっていました。
アメリカ人が、すぐ霊媒と‘psychotronic'兵器を開発することを巨大なロシアのプログラムを学んだとき、このドライブは、パラノイアに変わりました。
40以上のロシアの研究所がかかわりました。

Psychotronic兵器は、心を急いで移動させるのに音、放射または強力な電磁場を使用します。
アメリカ人はロシア人が彼らの核弾頭ミサイルを無能にして、彼らの軍人を狂気にするために兵器をpsychotronicするのに霊媒を使用するのが脅かされました。
彼らは、ロシア人が、psychotronicsが不発に終わった爆竹であると発見したのを気づきませんでした。
どのような場合でも、アメリカの法(そして、倫理)がpsychotronic兵器の開発を禁じたので、念力のような精神の能力に注意を集中していました
--心のパワーを使用することで物体を動かす想定されたパワー。
アメリカ人の霊媒はすぐ、ロシアのコンピュータの内容を操って、それらのハードディスクを消すのに仕事を課されました。
そして、それらは、核兵器の起爆装置を妨げて、ミサイルの誘導システムを中断するように頼まれました。
この仕事のすべてがまだ高機密です。

いろいろなことは、すぐ、はるかに多くを不吉に変えました。
軍は人間の思考力が生物の上で損害を与えるパワーを研究し始めました。
技術的専門用語で、それはDMILS(Living SystemsとダイレクトMental Interaction)として知られています。
それは、霊的な回復の基礎と、反対の面、ジプシーの呪いです。
1960年代後半に、アメリカ人の科学者は、苦くて、執念深くて否定的な考えの鋳型に焦点を合わせると(ジプシーの呪いの科学的同等物)成長が抑制されたと発見しました。
1つの研究では、‘呪われる'という194個の鋳型のサンプルから、151は遅れた成長を示しました。
そして、そのすべてが十分奇妙であったというわけではないなら、後の実験では、鋳型に影響を及ぼすのを試みるもののいくつかが15マイル離れたところに配置されました。
他の科学者は、すぐ、また、否定的考えが食中毒バグE.coliの成長を遅くすることができるのがわかりました。

軍は、すぐに、この仕事の含意を見ました。
彼らの精神のスパイがDMILSを利用できるなら、彼らは完全な暗殺者になるでしょうに。
軍が助けを求めて単に彼らの最も優れた霊媒に頼るのは、その時、当然でした。
それら、若々しいユリ・ゲラーのひとりがブタを殺すように頼まれました。
彼の操作者の心に浮かんでいなかったちょうど1つの問題がありました
--ユリは一切衆生に対するとどまる敬意をもっているベジタリアンでした。
「彼らは、単独で考えを使用することでかわいそうな生物を殺すように私に頼みました。」と、ユリは言います。
「私は、どれくらいショックを受けたかをあなたに言うことができません。」
私は動物を愛しています。 私の権限を害に使用できません。 それはそれと同じくらい簡単です。

「その頃、若くて、ナイーブでしたが、その瞬間に、私は、だれと共に関連するようになるかをわかりました。」
「私は、その部屋から自分を発射させて、プログラムを出ました。」
ただユリがいなくなったので、軍はもちろんプロジェクトを捨てませんでした。
それはフォートブラッグ、米国の特殊部隊の本部のProjectジェダイに変形しました。
グレン・ウィートン軍曹(Projectジェダイの特殊部隊の軍人とメンバー)は、最近、多数の異なった動物を殺す試みについて私に言いました。
まず最初に、彼らは、犬を試しましたが、精神の軍人は、彼らを殺すために自分たちを連れて来ることができませんでした、特に生物が彼らの大きい茶色の目でそれらを見ていたとき。
彼らは最終的にヤギをしっかりつかみました。
彼らは、だれもヤギと同じくらい醜い生物に感情移入できないと推論しました。

「特殊部隊の軍人のひとり(マイケル・エチャニス)は、それについて考えながら、ただヤギの心臓に立ち寄るかもしれません。」
と、ウィートン軍曹は言います。 「私は、彼がそれをするのを見ました。」
「血液は鼻から垂れ始めました。」 そして、あわは口から泡立ち始めました。
生物は、側に落下して、腹を立てて、死にました。
私は30秒より長くかかったはずがありません。 「見るのは、恐ろしかったです。」

「私たちは、すぐ後に、すべてが費用と共に来るとわかりました。」
マイケルは彼の心臓への同情的な負傷を受けました。 「たぶん、それは宿命でした。」
精神の探りへの米軍のかかわり合いに関するニュースとジェダイウォリアーズは徐々に漏れました。
精神のプログラムは軍の中にいつも論議を呼んでいました。
多くが宗教的な理由でそれらに反対して、それらはSatanicと考えられて、他のものは、現代の軍に、彼らが深く不合理であって、不相応であるとみなしました。
次に、そのStubblebine司令官が静かに引退したのは、ほとんど驚くべきものではありませんでした。
休業する前に、スターゲイトProjectを次に、ダウンサイジングして、結局、CIAに移しました。
1995年に、米国国防総省は、本当に、彼らが「国益において」超常現象を調査したと最終的に確認しました。
彼らは、ロシア人が霊媒を使用していたので、米国がそのような現象も調査しなければならないと主張しました。

列を拡散させるなら、彼らは、すぐに、彼らの研究を調査するために2人の外部の科学者を任命しました。
それは古典的なファッジでした。
彼らは、皆が、より‘信用できる'スターゲイト遠視プログラムのときに注意を集中しているのを知っていました。
残りは否認可能でした。
待ちの1年以上後に、軍の仕事の外部監査の結果はリリースされました。
1人の研究者(レイ・ハイマン)が、軍が、心霊能力が本当の現象であるように見えたと科学的に立証したと結論を下しました
--しかし、実際にそれらを信じるために自分を連れて来ることができませんでした。

もう片方(カリフォルニア大学デイビス校からのジェシカUtts教授)が、本当に、心霊現象が本当であると結論を下しました。
米国陸軍は超正常を利用する方法を本当に発見しました。

それはその時ほとんど驚くべきものではありません、或るものが、米国が軍事であると主張しているのが精神の探りプログラムを現役に戻しました。
私は4人の元精神のスパイと話しました。
すべてが、米国がリモートビューアーを使用することで活発にビン・ラディンを探しているのに同意します。
1つ(グレン・ウィートン軍曹)だけが公言するでしょう。

「遅かれ早かれ、ビン・ラディンは見つけられるでしょう。」と、彼は言います。
「彼の位置は4か5つの位置まで狭くされるでしょう。」
「それらは同時に、すべて攻撃されるでしょう。」

そして、プロジェクトジェダイはどうなった?
それは死んだと埋葬された。
まあ、公式見解では、とにかくだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
instagram
iPhoneでinstagram
最新記事
プロフィール

ncy

Author:ncy
ローエンドな二足歩行機械を作ってみるZ
ツイッター、インスタグラム:@ncy01b twilog

blogram投票ボタン

気象庁/速報
気圧配置図 - バイオウェザー
Solar Activity
セクター、共回転構造
太陽風プロット
current moon
CURRENT MOON

月齢カレンダー
全電子数マップ
VHF波
heliostera.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
スマッフォでモバ絵!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

およよと驚く毎日
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。