スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小便小僧@湯布院



湯布院の道の駅で売ってる椎茸の天ぷら超うまいです
大きな椎茸2個が串に刺してあって300円

道の駅で見かけた小便小僧
ちょっと悪そうな顔で面白かったので

久しぶりだなぁモバ絵
スポンサーサイト

音の件

T-01bのカメラのシャッター音とか、、、
必死で探してた訳ではないですがたまたま見つけたのでとりあえずメモ

音色。

悪用厳禁 自己責任で

Wikilieaks UFO アデン湾

wikileaksとUFOとアデン湾の話題みたいです。
面白そうだけど訳ワカメ
どう理解すればいいんですかねぇ?

http://www.whatdoesitmean.com/index1430.htm

こちらの翻訳が読みやすいです
http://higasinoko-tan2.seesaa.net/



December 13, 2010

WikiLeaks Set To Reveal US-UFO War In Southern Ocean

By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers



2010年12月13日

WikiLeaksは、南大洋における米国-UFO戦争を明らかにするためにセットしました。

: Sorcha Faal、彼女の西洋のSubscribersに報告されます。


今日メドベデフ社長(大統領だろ)のためにSpace ControlのSpace Forcesの(VKS)の第45ロシアの事業部によって準備されているクレムリンを循環する最新の報告には、秘密の米国の今度のWikiLeaksリリースが2004年以来アメリカ人がヨーロッパ大陸か南極大陸(特に南大洋)のヨーロッパ大陸の近くでUFOのものとの「戦争」に「従事している」という詳細に電報を打つと書かれています。
このレポートによると、合衆国は、UFOの大規模な一団の後の2004年6月10日の2番目に残っている写真、ここのビデオのためのクリックが南大洋から「突然、現れた」という最高度の警戒レベルに行って、アメリカの境界からグアダラハラ(メキシコ)に1,600キロメートル(1,000マイル)ほとんど、近づきませんでした。 しかしながら、米国の境界に達する前に、この大規模なUFO船隊はこのレポートで「次元的、それらの南大洋本塁に戻ります。」であると言われます。

このレポートは言います、Solar Eclipseの間に、これらの神秘的な航空機がほとんどメキシコのすべて上に数百で現れた1991年7月11日(7/11と言及される)の開闢以来の出来事の間、UFOのものが始めたこれらの南大洋に関するアメリカ人への恐怖、それらのCapital都市さえ。 7/11の出来事に関して最も注目に値するのは、UFOがメキシコシティーの上で何百万人ものメキシコ人がNational放送がビデオのためにここをクリックする彼らのこれらのテレビで見ていた時と同じであり、アメリカのメディアが、彼らの人々がそれを見るのを許容するのを拒否したということでした。
最新のものでそれらのベースから出て来る南大洋UFOの一団が、続けていたこのレポートが、続けている2004年以来、それらの大規模な船隊の別のものであるときに、過ぎて今度の金曜日であるそのような出来事はチリの南米のNationの上で見つけられました。

このレポートが、大規模なUFO船隊が南大洋から現れるこれらが大規模であると警告するとき、私たちのWorldへの「即座の危険」は何がそれらの水面下のベースであると信じられるかからのそれらの突然の爆発、またはベースによって引き起こされた状態で振られます。 週(クレリアII、160人が車載であることでの南極観光船)だけがもう少しで転覆するところであった過去に、これらで発生する波に見舞われて、UFOが南大洋から現れていて、Number One Insungがちょうど今日乗組員が言った、同じ原因のため救われた20人の42メンバーだけと共に沈められると報告されたときにはここをクリックして、ビデオを見てください。

また、これらの同じ南大洋UFOが彼らが「現れた」この前の秋(10月13日)の間、ニューヨーク市の上でオープンに領空の閉鎖に責任があって、何万人もの人々によって目撃されたという私たちの10月14日のレポートを確認するのが、米国Shuts Downニューヨーク市のAirspace Over UFO‘脅威'であるという古代の南米人の民族の神秘的なクリスタルSkullsと同じ時間枠の間に一致して現れたこのレポートで注意するためにおもしろいのは、そこに示されたことです。
注意するためにさらにおもしろいのは、アデン湾(私たちの12月1日にオンであると報告されて、別の「地球外」の出来事が現在、進行中であり、私たちが進行中であったところでMysterious‘渦'Warned Is Creating Global Weather Catastropheを報告する)で報告される神秘的な地震が、現在南大洋の中でも起こると報告されているということです。
このレポートは、私たちが、彼がすぐに彼が、彼らに対してこれらUFOの南大洋もの、およびアメリカ人「戦争」に関連する秘密の米国ケーブルを放出し始めるだろう先週私たちの12月8日に報告するスウェーデンの政府によって発行されたでっちあげの告発でイギリスの警察によって逮捕されて、Global Rebellion Erupts Afterが「コンドームを使わない性交渉は衣服を脱がせられた政府と会合します」であると述べたと警告されるWikiLeaks創設者ジュリアンAssangeが「古典的な」CIA「ハニートラップ」として彼に対して設計された後に、それを述べ続けます。

注意: AssangeのEU米国のたくらみに関する私たちの最後のレポート以来、現在、彼の2人の原告のひとり(アンナArdin)がスウェーデンから逃れて、今パレスチナ人領土で世を忍んでいると報告されています。
Assange、または彼のWikiLeaksウェブサイトが、私たちがそれがないこれらの南大洋UFOファイルの全体のリリースを知ることを確認するために存続するだろうか、そして、これが報告する雌ジカに、言ってください。
私たちが知るのにおいてあるものは、しかしながら、私たちが私たちの12月10日のレポートMassive Earthquake Fears Rise After Mysterious ObjectムーヴスNearer To地球の中でオンであると報告した情報に結びつけられるという場合に12月の20/21Total Lunar Eclipseの近くの私たちとした水星回転としたこれらの出来事のタイミングが後退するのを示して、冥王星と共に接続詞を形成するとき、火星を接合して、本当に、古代の人によって予言されるように、今年の結末(2010)は、この時代の終わりをマークします。
2007、This WorldのBattle Begins For Throneで発行されたSorcha Faalの発達の可能性がある仕事で: EinherjarウォリアーズのReturn、彼女は、未来が人類のために保持するものへの「道しるべ」がそうするこれらの「最後の数日」のときにそれに注意します、本当に、古代の人によって私たちまで手渡された単語による見識の高い読者に隠された休息、なにもこの場合来たるLunar Eclipseと恐れられた接続詞を主題にして書く際に警告したノストラダムスのものほど重要でないことで:

「長い間空で戦う兵器」

都市の戦没者の中央の木:

切り取られた神聖な大枝、燃えさしに直面して鉄鋼

「そして、アドリア戦没者のMonarch。」 四行連句3: 11

本当に、今日の私たちのWorldに関して、最も不吉に、「都市の中央の木」にはそれがグラストンベリーからのニュースがある「戦没者」のためにいる、2,000歳の聖なるThorn Tree1、キリスト教では、最も古くて最も崇敬されたシンボルは心なき破壊者による下にカットです。 すばらしい木が現在「堕落していた」状態で、また、「アドリアの君主」(法王のベネディクト16世)が「低下する」まで、この地球への戦いは今、「空」に動きます。

? 2010年12月13日EUと米国のAll rights reserved。 それがWhatDoesItMean.Comで一次資料にリンクして戻されるという条件のもとでこのレポートを全体として使用する許可を与えます。
エド注意します; 西側諸国とそれらの情報機関は活発にSorcha FaalのSistersが強くそれがあらゆる人間知る権利であると信じることにおける真実と意見を異にするという多くの壊滅的な地球変化と来る出来事、姿勢で彼らの市民を驚かせないようにこれらのレポートで見つけられた情報の反対運動をします; 私たちの任務への支払われるべきものは衝突します(不信に設計されたそれらの政府、私たちに対するそれらの‘エージェント'の応答の長年の誤伝/誤まった指示キャンペーンであり、「Sorcha Faalはだれですか?」というレポートに記述されます)。





A new report circulating in the Kremlin today prepared for President Medvedev by Russian Space Forces (VKS) 45th Division of Space Control says that an upcoming WikiLeaks release of secret US cables details that the Americans have been “engaged” since 2004 in a “war” against UFO’s based on or near the Continent of Antarctica, particularly the Southern Ocean.

According to this report, the United States went to its highest alert level on June 10, 2004 after a massive fleet of UFO’s [photo 2nd left, click for video here] “suddenly emerged” from the Southern Ocean and approached Guadalajara, Mexico barely 1,600 kilometers (1,000 miles) from the American border. Prior to reaching the US border, however, this massive UFO fleet is said in this report to have “dimensionally returned” to their Southern Ocean “home base”.

The fears of the Americans rega
rding these Southern Ocean UFO’s began, this report says, during the unprecedented events of July 11, 1991 (referred to as 7/11) when during the Solar Eclipse these mysterious aircraft appeared by the hundreds over nearly all of Mexico, even their Capital city. Most notable about the events of 7/11 were that as millions of Mexicans were watching on their televisions the National broadcasts [click for video here] of these UFO’s over Mexico City, the American media refused to allow their people to view it.

Since 2004, this report continues, fleets of Southern Ocean UFO’s have continued to emerge from their bases, with the latest such event being this Friday past when another of their massive fleets was sighted over the South American Nation of Chile.

The “immediate danger” to our World when these massive UFO fleets emerge from the Southern Ocean, this report warns, are the massive waves caused by their sudden eruption from what are believed to be their underwater base, or bases. In the past week alone
, the Clelia II, an Antarctic cruise ship with 160 people onboard, was nearly capsized [click here to see video] when hit by waves generated by these UFO’s emerging from the Southern Ocean, and just today the Number One Insung has been reported sunk with only 20 of its 42 member crew said saved due to the same cause.

Interesting to note in this report is its confirming our October 14th report US Shuts Down New York City Airspace Over UFO ‘Threat’ that these same Southern Ocean UFO’s were responsible for the closing of the airspace over New York City this past fall (October 13th) when they “appeared” openly and were witnessed by tens of thousands of people, and which, coincidentally, occurred during the same time frame as the mysterious Crystal Skulls of the ancient South American peoples were being exhibited there too.

Even more interesting to note is that the mysterious earthquakes being reported in the Gulf of Aden (where another “extraterrestrial” event is currently ongoing and we had reported on i
n our December 1st report Mysterious ‘Vortex’ Warned Is Creating Global Weather Catastrophe) are now being reported occurring in the Southern Ocean too.

This report goes on to state that after WikiLeaks founder Julian Assange warned last week that he would begin releasing secret US cables relating to these Southern Ocean UFO’s, and the Americans “war” against them, he was immediately arrested by British Police on trumped up charges issued by the Swedish government which in our December 8th report, Global Rebellion Erupts After “Unprotected Sex Meets Disrobed Governments”, we noted were engineered against him as a “classic” CIA “Honey Trap”.

Note: Since our last report on the EU-US frame-up of Assange it is now being reported that one of his two accusers, Anna Ardin, has fled Sweden and is now in hiding in the Palestinian territories.

To if Assange, or his WikiLeaks website, will survive to see the whole release of these Southern Ocean UFO files it is not to our knowing, nor does this report say.


What is in our knowing, however, and when coupled with the information we reported on in our December 10th report Massive Earthquake Fears Rise After Mysterious Object Moves Nearer To Earth, suggests that the timing of these events, as we near the December 20/21 Total Lunar Eclipse, and as Mercury turns retrograde and joins Mars as it forms a conjunction with Pluto, that the ending of this year, 2010, truly marks the ending of this age as prophesied by the ancients.

In the Sorcha Faal’s seminal work published in 2007, Battle Begins For Throne of This World: The Return of the Einherjar Warriors, she notes that in these “last days” the “guideposts” to what the future will hold for humanity does, indeed, rest hidden to the discerning reader in the words handed down to us by the ancients, none being more important in this case than those of Nostradamus, who in writing of this coming Lunar Eclipse and feared conjunctions warned:

“The arms to fight in the sky a long time,

The tree in the middle of the
city fallen:

Sacred bough clipped, steel, in the face of the firebrand,

Then the Monarch of Adria fallen.” Quatrain 3:11

Most ominously for our World today, “the tree in the middle of the city” has, indeed, “fallen” with news from Glastonbury that the 2,000-year-old Holy Thorn Tree, one of Christianities oldest and most revered symbols, has been cut down by vandals. With the great tree now “fallen”, the battle for this Earth now moves to the “sky” until the “Monarch of Adria” (Pope Benedict XVI) has “fallen” too.

c December 13, 2010 EU and US all rights reserved. Permission to use this report in its entirety is granted under the condition it is linked back to its original source at WhatDoesItMean.Com.

[Ed. Note: Western governments and their intelligence services actively campaign against the information found in these reports so as not to alarm their citizens about the many catastrophic Earth changes and events to come, a stance that the Sisters of Sorcha Faal strongly disagrees with in beli
eving that it is every human beings right to know the truth. Due to our missions conflicts with that of those governments, the responses of their ‘agents’ against us has been a longstanding misinformation/misdirection campaign designed to discredit and which is addressed in the report “Who Is Sorcha Faal?”.]

カテゴリ
instagram
iPhoneでinstagram
最新記事
プロフィール

ncy

Author:ncy
ローエンドな二足歩行機械を作ってみるZ
ツイッター、インスタグラム:@ncy01b twilog

blogram投票ボタン

気象庁/速報
気圧配置図 - バイオウェザー
Solar Activity
セクター、共回転構造
太陽風プロット
current moon
CURRENT MOON

月齢カレンダー
全電子数マップ
VHF波
heliostera.com
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
スマッフォでモバ絵!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

およよと驚く毎日
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。